LIVE授業×タブレット

学習サポート・管理がレベルアップ!

中学1・2年生の授業時間のながれ

中学校1年生は、

3月は小学生の授業の時間帯17:00~18:45の授業。

4月~7月までは平日19:15~21:10までの1時間45分で数学・英語です。

9月以降は19:15~21:10までの授業と21:10~21:30の補講となります。

土曜日は18:00~21:20で国語・理科・社会の授業を行います。

 

中学校2年生は、

平日は19:15~21:10までの授業と21:10~21:30までの補講で数学・英語です。

土曜日は18:00~21:20で国語・理科・社会の授業を行います。

 

21:10~21:30の補講では、その日の計算テストや単語テストを行います。

もし時間内に終わらない場合には、22:00まで残っていただく場合があります。

中学校1・2年生の数学・英語

中学校1・2年生の授業は学校よりも

少し早いペースで進めます。

3月から新学年の授業が始まり、次の年の1月ごろに全単元を

終わらせるスピードです。

数学・英語ともに、中学校で使用する教科書内容をベースに、

入試基礎内容まで段階的に指導します。

わかりやすい導入と、重要事項の反復学習で、

学習内容の本質的な理解を目指します。

 

授業進度についてこれるようにフォローアップ教室を設けて、授業日以外にも、

苦手なところを指導したり、ノート添削をすることで個別に対応しています。

中学校1・2年生の国語・理科・社会

国語の授業は教科書の解説をした上で、

問題が解けるように指導します。

文章題は、わからない言葉の意味から解説をし、

内容をしっかりととらえられるようにします。

古文はしっかりと音読をできるようにし、

それから現代語訳や文法の説明をします。

文法も覚える必要のある部分は声を出して練習し、

その後問題演習や解説指導を行います。

 

理科は生物・化学・物理・地学の4つの分野に分かれます。

一般的には、生物・地学のほうが苦手意識が低いです。そのかわりに覚えることがたくさんあります。

化学・物理は覚えなければならないものもありますが、それ以上に理解する段階で

つまずいてしまうしまう生徒がとても多いです。

太郎塾では、今度の定期テストの範囲を能率的に指導し、ひとりひとりの苦手意識を解決しながら、

難しく感じている内容を身近な例をあげながら指導します。

 

社会は自分が住んでいる国である日本がどのようにして生まれてきたかを学習する「歴史」と、

どんな国々とかかわりを持っているかを学習する「地理」と、

どんなルールやしくみを持っているかを学習する「公民」の3つに分かれます。

1・2年生で「地理」と「歴史」を終わらせるように指導します。

暗記する項目が多くなると、どうしても表面的に覚えてしまいがちになりますが、

太郎塾では「なぜそうなるのか」といった中身を大切にして授業を進めていきます。