LIVE授業×タブレット

学習サポート・管理がレベルアップ!

入試までの流れ

3月   中3の学習内容 春期講習
1・2年総復習と
3年先取り指導
4月     夏までに中3の学習内容の
終了を目指します。
5月    
6月 定期・実力テスト対策 各種検定実施
父母会・面談
7月     夏期講習
1・2年総復習と
3年内容の指導
8月 入試対策 定期・実力テスト対策
9月     定期テスト対策で復習
目標校を定め、十分な成績を
目指します。
10月までの模試、通知表の
結果から受験校を
三者面談で決定していきます。
作文・面接対策
本格化
10月   秋期特訓講習・合宿
精神的にも強くなろう!
各種検定取得
最後のチャンス

三者面談
11月 受験校対策  
12月 私立対策 合同面接訓練
1月 前期選抜対策 冬期講習
目標校にむけた指導
2月 後期選抜対策  
3月 高校準備    

進路指導について

「できるだけ交通の便が良いよころがいい!」
「でも、制服がかわいくないと・・・」
「部活をがんばりたい!」
「進学実績が気になる!」
「私立はお金がかかるからできれば公立がいい!」
高校を選ぶことは、家族にとっても、なにより本人にとっては大きな決断となる
初めての舞台になります。
もちろん、これで人生がすべて決まるわけではありませんが・・・
しかしながら、方向性は定まってきます。
だから影響はけっして小さくはありません。
そこで、太郎塾では、万全な指導ができるように
毎年かならず生徒一人ひとりにあった高校選びができるように、
情報収集のために実際に高校を訪問しています。
また、独自に入試や進路にかかわる情報を集め資料を作成しています。
ただ成績だけで高校を決めるのではなく生徒の要望やご家族の希望に
少しでも応じられるよう日々努力しています。
そして、塾生の保護者を対象にした父母会や個人面談を通して、
一人ひとりにあった進路指導をしています。

面接・作文・入試問題の対応について

(1) 面接
 太郎塾では、毎年恒例で「合同面接訓練」を実施しています。
基本動作から受け答えまで。徹底した指導をしています。

(2) 作文
 私立や公立高校の入試問題では作文が出題されます。
「たかが作文・・・」と思うかもしれませんが、600~800字(原稿用紙2枚程度)を
制限時間内に、しかも与えられた課題(テーマ)に沿って書き上げるのは
そう簡単ではありません。
そこで太郎塾では、「集団教科別指導」の時間で一人ひとりの高校にあわせて
作文の指導を行っています。

(3) 入試問題
 千葉県公立高校入試問題は難易度が上がっています。
出題される範囲も広くなり、中学受験の内容もでてきます。
太郎塾では、必要な問題の取捨選択を行い、目標点に到達するための
指導を行っています。

フォローアップや土日の補習について

(1) 毎日塾で勉強できるように

ゲーム、スマホなど多くの誘惑のため、家では勉強ができない現実があります。

太郎塾では、授業日のほかにフォローアップの時間を平日にあてています。

そして、担任がご家庭と連絡をとりながら、毎日でも太郎塾で集中して勉強できるよう

環境を整えています。

学習習慣が定着していない子どもたちにとっては、はじめは大変な思いますしますが、

ここに来ればみんなもやっているから、自然と慣れてしまうものです。

「継続は力なり」という言葉にもあるように、日々の学習が大切です。

学力は、やったぶんだけ向上します。

徹底した管理・指導をしていきます。

(2) 土日の補習

9月になって部活も終わり、「さあ勉強するぞ!」と思っても、

現実は そう うまくはいかない場合が多いです。

■何をやったらいいかわからない

■どこから始めたらいいかわからない

■何がわからないのかわからない

そんな生徒もけっして少なくないのが現状です。

太郎塾では、休日返上で無料で応援をしています。

土曜日の補習のほかに、日曜日も担任の判断で生徒を呼び、

●きみはこれをやりなさい

●きみはここから始めなさい

●あなたはここがわかってないからつまずいているんだよ

太郎塾だからこそできる指導を、手間ひまかけて、

おあずかりした生徒を育てています。

数学・英語の授業内容

数学において入試で大切になるのは、計算問題と一行問題を

完璧にできるようにすることです。

ここでミスをせずに得点していくことが

安定した成績につながります。

計算問題・一行問題を定着させ、学力の差となって表れる

2次関数・相似・三平方の定理に時間をかけ

応用力をつけていきます。

 

英語の中3でつまずきやすい単元は現在完了・不定詞の応用

分詞・関係代名詞・関節疑問文の5つ。

この5つの単元を徹底して指導し、

それを理解するのに必要となる

1・2年生の復習も行っていきます。

入試対策として、リスニングや長文問題なども順次あわせて演習していきます。

国語・理科・社会の授業内容

国語と一言で言っても、漢字・文法・読解・古文・作文と

いろいろな単元ごとに練習をしなければなりません。

また、短期間で伸ばすのが正直むずかしい科目でも

あります。

太郎塾の授業では、毎回漢字テスト・文法・作文の

演習などを取り入れて指導しています。こうすることで、

実践的な練習を重ね、実力を養成することができます。

加えて前期ではワークを使用して学校の定期テストの

読解演習、後期は新演習を使用して入試対策の

読解演習をしていきます。

 

中3理科では、運動とエネルギー・仕事・細胞と遺伝・

イオン・地球と宇宙・自然と人間をメインに学習します。

また1・2年の内容の復習もあわせて行い、入試に

対応できるよう指導していきます。

中1のばねの問題、中2の電流と回路の問題、

中3の仕事の問題など比例を用いて解く問題は

関連付けて学習していきます。

 

社会は「公民」を中心に学習していきます。

政治のしくみから経済・国際まで、現代の社会で必要な知識を身につけていくのが「公民」です。

ニュースなどで聞いたことがある言葉も多いので、世の中の動きにも関心を持って取り組んでもらいたい

科目です。また「歴史」や「地理」が苦手だという生徒も多いので、主にテスト前になると

その復習も同時に行っていきます。暗記していく事柄も多いのですが、ただ暗記をするのではなく、

それぞれのつながりを知り、関連づけていくことがやはり大切です。

太郎塾では、それらの関連的な事柄のポイントをまとめ、確実に自分の力にしてもらう

指導もしています。