LIVE授業×タブレット

学習サポート・管理がレベルアップ!

指導について

小学校4年生から6年生まで国語・算数・社会・理科の中から科目選択をします。

 

時間帯については、

16:00~16:50 漢字テスト・確認テスト

17:00~18:45 単元解説授業

という流れで行います。

小学校4年生の国語・算数

国語は、物語文・説明文を中心に進めます。

文章のつくりから、問題の解き方まで事細かな

部分まで指導します。

また、熟語や慣用句・ことわざまでさまざまな

語彙力をつけることも目標とします。

 

算数は、計算・図形・規則・並べ方・条件整理など

小学校5年生になってから深く学ぶことがらの基礎を

指導します。

本格的な中学受験に入る準備です。

いろいろなものの考え方に慣れるように進めます。

小学校4年生の理科・社会

理科は多くの分野を広く学びます。

動物や植物の育ち方を学習する生物。

空気や水の性質を学習する化学。

じしゃくや豆電球について学習する物理。

星や天気について学習する地学。

さまざまなものに興味をもつように写真や絵を

利用し、成り立ちやものの考え方について

指導します。

 

社会は、日本地理について勉強します。

日本の環境からはじまり、地図の見かた・地形のようす・各地域の特徴を順番に調べていきます。

日本という国が、どのように成り立っているかということの基本になります。

小学校5年生の前期で学習する内容の基礎となる部分をしっかりと指導します。

小学校5年生の国語・算数

本格的な中学受験の勉強がはじまります。

いろいろなものの考え方が応用され、

発展していきます。

 

国語は、文学的文章なら登場人物の心情を読み取る。

説明的文章なら筆者の要旨をとらえるなどイメージの

世界に入ります。

さまざまな作品にふれて、読解力を高めます。

熟語・ことわざ・慣用句などは小学校4年生の

復習からはじまり、新しいことばがでてきます。

覚えるべき語彙がどんどん増えます。

そしてことばのきまり、つまり十一品詞についてひとつひとつの性質を学びます。

 

算数は、上巻でつるかめ算・分数・割合の世界に入り、下巻では速さや比のの世界に入ります。

上巻で学習した内容をしっかり理解すれば、下巻の内容もスッと頭に入ってきます。

ひとつひとつの学習単元に対する予習・復習が要になります。

小学校5年生の理科・社会

理科は、生物・化学・物理・地学を

1年間でバランスよく学習します。

カラーの絵を見ながら学習することができるので、

実験内容と結果を結び付けやすくなっています。

なかでも、植物・動物・天気・天体・気体・水溶液

などは学校でも学習する内容で、とても大事です。

基本的な内容から応用の考え方まで

しっかり教えていきます。

 

社会は、上巻で地理、下巻で歴史を学習します。

特に地理は、中学受験で出る単元をほとんど上巻で終わらせてしまいます。

しっかりとした反復練習が必要です。

下巻では、日本のおこりから日清・日露戦争までを学習します。

歴史の流れを指導し、細かな言葉は問題を解いて覚えていくことになります。

小学校6年生の指導

中学受験の学習のまとめに入ります。

中学受験に必要な最後の知識と、

これまで学習してきた内容の発展的学習になります。

 

国語・算数・理科・社会すべての科目において、

小6上巻では中学受験において必要な知識の

学習になります。

小6下巻はこれまで学習した内容の発展的学習とまとめです。

小6下巻を進めることで、小5上下のこれまでの内容をしっかり理解できているかを

はかることができます。

できない単元があれば小5上下に戻って学習する「巻き戻し学習」もする必要がでてきます。

授業には必ず小5上下、小6上下のすべてのテキストをもってのぞみます。