LIVE授業×タブレット

学習サポート・管理がレベルアップ!

合同面接訓練について

いよいよ入試本番が近づく12月のはじめ、太郎塾では合同面接訓練を行います。

千葉県公立高校入試、私立高校入試 ほとんどの学校で面接があります。

 

志願理由や考えを印象よく相手に伝えるのは簡単ではありません。

だから太郎塾では、合同面接訓練という形でできるまで何度も練習します。

               

1次審査

1次審査は立ち居振る舞いを審査します。

面接室に入るところから、面接室をでるところまでが審査内容になります。

はじめはグループに分かれ声のだしかた、礼の仕方、歩き方などを指導します。

 

その後1次審査が始まり、合格したら2次審査に入ります。

審査中に練習が必要と判断した場合には個別に指導をすすめます。

2次審査

2次審査は1次審査の内容に簡単な質疑応答が加わります。

志願理由や、中学校3年間の思い出など、面接でよくでてくる内容を受け答えします。

立ち居振る舞いと受け答えが両立できていたら合格となります。

 

2次審査のあとは3次審査に入ります。

3次審査

3次審査は総合的な話題についての受け答えになります。

最近のニュースで話題になったこと、スマートフォンについて、

それをディスカッション形式で話し合います。

 

3次審査はグループでの指導となります。

さまざまな内容に対して考えをだし、発言できるようにすることが目的です。

ここでの経験が情報を選びだし、自分の考えを発する力になります。